toggle
2019-09-20

[0歳からの読み聞かせ #01] エリック・カールの名作「はらぺこあおむし」ポップアップ版

はらぺこあおむし_本
▲出産祝いでいただいた「はらぺこあおむし」ポップアップ版。私が子どもの頃に読んでいたクラシックタイプ、移動用に買ったボードブックタイプ(厚紙の小さなサイズ)を含めると、わが家には今3冊の「はらぺこあおむし」があります。

産まれてすぐの頃から、毎日数冊読み聞かせをしてきました。選ぶ絵本の基準は、読んであげる私自身が好きかどうか、でした。知育になるかどうか、0歳用かどうかなどは気にせず、自分が楽しく読めることを基準にしています。

月齢が低い間は反応が小さいので、楽しんでもらえているのか不安でしたが、1歳半を超えた今、娘は絵本が大好き。「0歳からの読み聞かせ」コーナーでは、ママも楽しく読める絵本を中心にご紹介していきます。

今回おすすめするのは、「はらぺこあおむし」ポップアップ版。
言わずと知れた、エリック・カールの名作ですね。懐かしい! 最近は、いろんな大きさ・形を見かけます。児童館では、保育士さんが巨大な絵本をCDに合わせて歌ってくれて…それはそれは驚きました。

数字を覚えたり、あおむしの成長を見られたり、いろんな要素が詰まった作品ですが、0歳の赤ちゃんでも鮮やかな色彩にウキウキしています。

はらぺこあおむし_POPUP BOOK
▲ポップアップ版ならあおむしさんや葉っぱの仕掛けが動いて、ねんねの赤ちゃんでも興味津々。ハイハイ期になると、せっかくの仕掛けをちぎって食べてしまうので、ねんねの時期がたくさん見せてあげるチャンスです。

まずは、そのまま読み聞かせてあげて、ママが読むのに飽きてきたら、歌を覚えるといいですね(^^)YouTubeで検索するとたくさん出てきます。

よかったら一度、本屋さんで探してみてください(^^)
今日もしあわせな1日になりますように★

関連記事