toggle
2019-12-25

[今日のおべんと #02] コロッケなら何日続いても大丈夫

コロッケ弁当
▲ぶどうにミニトマトのピクルス、豆のピクルス、ラディッシュなど丸いフォルムがたくさんあると、お弁当がかわいく見えるのではないか、と期待しながら詰めました。

みなさん、こんにちは。
「しあわせ手帖」をご覧いただき、ありがとうございます。

朝の調理はなるべく少なく、がモットーのおべんと生活。今日は、夫が大好きコロッケ弁当です。また、前夜の準備をメモしておこうと思います。

準備①
夕飯用の大きいコロッケとは別に、小さめのコロッケをいくつか揚げておく。たくさん作った時には、パン粉までまぶした状態で冷凍しておいても。

準備②
ぶどうと水菜は洗って、水けを切っておく。朝、洗うと水けをふくのがひと手間。ポンポン詰めるだけの状態になるべく近づけておきたいです。

当日は、卵焼きを焼いて、ソースをかけたコロッケと葉野菜、ピクルスとぶどうを詰めてできあがり。ピクルスは、夫が出張先で買ってきてくれた瓶詰めのものなので、ペーパータオルでピクルス液をさっとふいて詰めただけです。

世界で一番好きな食べ物はコロッケだという夫。
コロッケなら、何食続こうと構わないのだそうです。揚げ物は面倒な気もするけれど、前夜のおかずと翌日のお弁当がよく一緒の献立になってしまうわが家にとっては、コロッケは万能選手。

今日もおべんとで元気を出してくれますように。
読んでいただいた皆さんも、しあわせな1日になりますように★

関連記事